2019年09月02日

マイレージプラス特典のANAの国内線座席が選択可能に

数日前 ユナイテッドのマイルが失効しなくなった とアナウンスがあった。しかし飛行機に乗らなくても、 クレジットカードその他でマイルの加算などがあれば、期限は伸びるため、 あまり関係はなかった。

それよりは、アワードでとったANAの国内線で座席選択が united.com の予約画面で 直接選択できるようになった。 ANAは (その歴史からすれば?)国際線は後付みたいなもののせいか、 国際線と国内線で予約番号が別系統になってる。 UAで予約するとUAのそれとは別にANAの予約番号がついてくる。 ところがそれはANAの国際線の予約番号形式で、 ANAのwebでは、国際線の予約検索の方でしかみることができない。 しかも予約検索をしても、そこで出てきた座席は変更ができない。

どうすればいいのか?というと結局ANAに電話して、希望を述べよ、と いうわけだが、同じ機体でもシートレイアウトはいくつかあるし、 どの位置にあるどの座席がすいてるのか、隣は空いているのか、 全体的にどれぐらい座席が埋まってるのか?といったことはわからない。 自分でシートレイアウト情報を探し出して、「これは空いてるか」と 言う問答を「ご丁寧」ゆえにまどろっこしい予約係の方と延々と続けないといけない。 シートマップがあれば一発でわかるのに。

まさに finally というべきか、全然予告なしなのでちょっと驚いたが 突然シートマップが現れた。ただしANAはやたらブロックしてる座席が多く、 とくに「客はとにかく前の方の座席に座りたがる」とでもいった固定観念があるようで そこら辺は未だに当日空港で交渉しないといけない (ここらへんはUAには如何ともし難いから当然ではある)。 それでもちょっと予感すらなかった「改善」ではある。

ana_mp_seat_selection.png
ラベル:ANA Mileage Plus UA
posted by oi at 01:44| Comment(0) | airline | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月27日

SSSS

ua_ssss.jpg

ユナイテッドのフライトにチェックインすると搭乗券にSSSSの文字が。 これが何物かは、おおまかに知っていたのであわてなかった。 ゲートで搭乗券を渡したあと、機内に入る前に横に誘導されて、 体をコーヒーのペーパーフィルターのような紙でこすられ、 その紙が分析機にかけられる (爆発物の類を検出してるのだろう)。

SSSSの列の後ろにいた別の乗客は「香港から来たが、そこでも 十分すぎるくらいのチェックを受けたんだ」と文句を行っていたが まあ、それでSSSS解除とはならないだろうということは 容易に想像がつく。

Everything You Need To Know About Getting An “SSSS” On Your Boarding Pass https://en.wikipedia.org/wiki/Secondary_Security_Screening_Selection

posted by oi at 17:39| Comment(0) | airline | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月07日

マイレージプラスのアワードでシンガポール航空が予約可能に #united #mileageplus #sq

ユナイテッドのマイルでシンガポール航空 (SQ)のフライトを予約するのは 1年近く前に翌年の連休期間のため、という場合がほとんどだった。 故に状況の変化に気づかなかったり勘違いしていたことも。

このスレッドで SQの特典予約ができない、というのも united.com でできないがユナイテッドに電話すればできる、 という1年以上前から続いてる状況のままかと思っていた。

しかし1ヶ月ぐらい前に電話してみると、予約センターに電話しても予約できない状況が 半年ぐらい続いていることに気がついた。

運良くこの状況は 6月下旬に解消された 。ところが以前に行われたシステム改悪で、自由に経路指定をできなくなってたり 往復やオープンジョーの検索では片道検索ででてくるようなフライトがでてこない という状況になっている。 とりあえずのworkaround ってやつで この記事 を参考に、片道で (往復やオープンジョーで出てこないフライトを)予約して、 それに別のフライトを追加する、という方法を試し、一応予約はできたかのように見える。 ここに Excursionist Perk を追加できるか、まだ試していない (必要マイル数が激増したりしそうな不安あり)。

今年に11月15日以降のフライトはマイル数の「定価」がなくて全て「時価」になることも 含めて、もうちょっとシンプルに使いやすくならないか?と思うこと多し。

posted by oi at 22:59| Comment(0) | airline | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月12日

ConnectionSaver #unitedairlines

United Airlines Makes Connecting the World Easier Than Ever with ConnectionSaver

いわゆるハブ空港での乗り継ぎ客を認識して、スケジュールの遅延を起こさない範囲で乗り継ぎ客を待つと同時に 乗り継ぎ客に「あなたの乗り継ぐフライトxxxは何番ゲートからxx:xxに出発」といったメッセージを送ると いうようなシステムらしい。

問題は違うターミナルから乗り継ぐ場合、セキュリティを通り直さなくちゃいけない。 さらに国際線から国際線に乗り継ぐ場合でも一旦アメリカに入国しないといけない。 こういう「どうしようもないケース」は除外されるんだろうな。 こういう乗客は「隔離」して乗継便に乗せちゃうとかできればいいのに。

posted by oi at 23:51| Comment(0) | airline | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月21日

ユナイテッドの機内エンターテインメントからゲームがなくなった?

昨年乗ったときに気になったが、今年またユナイテッドに乗った時も 機内エンターテインメントシステム (IFE)のメニューにゲームがない。 Polarisやら PremiumPlusやらを導入して同じ (ような) 機体、例えば B777-200とかでも複数の機内設備が混在しているけど、 どうもコストカットの一貫として、ゲームを捨てたような気がする。 ( ユナイテッドのページ を見ると、まだゲームがありそうにも見えるが、これをもって 「ゲームがあるはずやんけ」といっても無効だろう)

ua_ife_ent.jpg

強気で無茶な攻めを続けるとけっこう勝てる Texas Hold 'em Porkerだの Berlitzの外国語入門やら Trivia やらけっこう好きなゲームがあったのだが。

ua_holdem_poker.jpg

posted by oi at 17:28| Comment(0) | airline | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月22日

ユナイテッドが羽田への新規6路線を申請 #united #hnd

United to Tokyo Haneda: Expect More

ユナイテッドが羽田 (HND) からニューアーク (EWR), ワシントンDC (IAD), シカゴ (ORD), ヒューストン (IAH), ロサンゼルス(LAX) そしてグアム (GUM)への就航を申請。 EWR, LAX, GUMは現行の成田 (NRT) 路線を維持しての追加便だが、 ORD, IAH, IAD は成田から羽田へのシフトになる。

UAから全日空への国内線乗り継ぎならばHNDの方が便利だが、 他のスターアライアンス便でアジア方面に乗り継ぐとしたら NRTのほうが便利、と国際線の分散は「帯に短したすきに長し」的になる。 UA上でNRT着後にNH国内線への乗り継ぎを予約したとしても、 移動は乗客が自分でしなくてはいけないし、便利とは言い難い。 成田着工と同時に (文句がでないぐらい)深く掘って直通の地下鉄でも 作っておけばよかったのに、などと思う。

posted by oi at 19:16| Comment(0) | airline | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月25日

B747

qf_b47.jpg

B747は古くて燃費が悪いため、日本のJAL, ANAはじめアメリカでも運行をやめているが Lufthansaなど使用中の航空会社も多し。写真はカンタスのB747。 手直しした B747-8とかかと思ったが カンタスのページをみるとそうではない模様。

ラベル:QF B747
posted by oi at 10:57| Comment(0) | airline | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月20日

United Premium Plus

エコノミーのシートピッチ (前後の座席間隔)を広げただけの Economy Plus (E+) は昔からあって、他社のプレミアムエコノミーと同様と 勘違いするヒトもたまにいたが、「本当のプレミアムエコノミー」が 導入されるらしい。

でもその結果 (マイルやらいわゆる buy-upやら多種存在する) ビジネスクラスへのアップグレードのチャンスが減りそうだし、 帯に短し襷に長しな存在になりかねないし、 現在のE+の扱いがどうなるのか?など疑問も残るし、 とあまり現時点ではよろこばしい感覚はない。

Premium Plus: United’s Premium Economy to launch in 2018

ラベル:United Premium Economy
posted by oi at 01:12| Comment(0) | airline | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月02日

ベア・ドゥ

bear_do.jpg

北海道の航空会社 AIR DO のマスコットキャラクターベア・ドゥがウイングレット (主翼先端の反り返ったところ)に。

AIR DOのホームページでベア・ドゥ自体の紹介ページを探してみたが 結果を10ページ辿ってみてもみつからず。 D&DESIGNというデザイン事務所が (本来の Air DOに代わり) 紹介してる?

posted by oi at 11:22| Comment(0) | airline | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月21日

B787 の窓

バッテリーなどに問題があったものの、B787による運行が始まってはや数年。 燃費がいい、とか、機内の空気が乾燥しない、とかの長所に加えて、 窓の日除けがプラスチックのそれではなくて、ガラス(?)自体を黒くして 光を通さないようになってる。長距離のフライトでおやすみモードに なってても「おんもが見たいの」とばかり、しょっちゅう日よけを開けて 近辺10名以上にまぶしい思いをさせるヒトがいることを考えると 客室乗務員が一斉に暗くできる仕組みはいい。 ところが電子式の日除けは十分に日を遮ってくれず、朝になると大分 明るく、太陽がけっこうしっかりギラついて見えてしまう。 もうちょっと暗くしてくれればいいのだけど。

b787_window_1.jpg b787_window_2.jpg

ラベル:B787
posted by oi at 19:19| Comment(0) | airline | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月28日

マニュアル通りの対応しかできない

バニラエアのことを書くつもりだったが、 コメント欄をみたら、いかにも「バリアフリーのための措置」を 「優遇されてる」と思ってる、勘違いの蔓延みたいなコメントば上位にあって、 ああ、そういう社会なんだな、と暗澹たる気持ちに。

関空行きバニラ・エア便、車いす男性腕の力だけでタラップ17段上る

posted by oi at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | airline | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月19日

ユナイテッドが機内免税品販売を3月末で終了

United Discontinues Inflight Duty-Free Sales

Flyertalk: United discontinuing inflight duty free sales. ...では 「FAがもっとちゃんと飲み物のお代わりをもってくるようになる」とか 「機内エンターテイメントがデューティフリーのアナウンスで邪魔されなくなる」 などとニヤリとしてしまうような意見多し。

posted by oi at 17:28| Comment(0) | TrackBack(0) | airline | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月04日

ユナイテッド Team USA アメニティ

ユナイテッドのアメニティキットが Team USA 仕様になっていた。 靴下やアイマスクがアメリカ国旗の赤青白の三色。 ケースが飛行機の機体のようになっている。 スキンクリームとリップクリームは「スキンケアパートナー」の のもの。

ua_team_usa-0.jpg ua_team_usa-1.jpg ua_team_usa-2.jpg ua_team_usa-3.jpg

posted by oi at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | airline | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月05日

マイレージプラスが10月にルール改変

Mileage Plus Updates

ユナイテッドからメイルが来てマイレージプラスのルールが10月6日から変わるという。 変更は2点

  1. アワード予約を変更もしくはキャンセルしてマイルに戻す際の手数料
  2. 往復アワードに許されていたストップオーバーが廃止になって、 Excursionist Perkという「無料」フライトが加えられた。
1番は Platinum にダメージ大。 今まで無料だったフライトの60日以内の変更に手数料がかかるようになった。 Goldと比較した Platinumの最大メリットが消滅することになる。

2番は一見よさそうだが、Excursionist Perkは「行き先」と同じ地域内で発着する フライトに限定される。ゆえに「アメリカ発、日本経由、シンガポール行き往復」 というような往復アワードで、日本に24時間以上滞在することができなくなる (余計なマイルがかかるようになる)。 可能なルーティングは例えば「アメリカ発シンガポール行き」でバンコクとシンガポール間の フライトを加える、というようなケース。

FlyerTalk の Updates to MileagePlus Multi-City Award Travel & Award Fee Changesは当然「大炎上」 (いやな言葉だけど) している。 とくに手数料やストップオーバーのルールが複雑だったので、わかりやすくした、 などと「うそ臭い言い訳」をしている点がまさに火に油を注いでいる。

posted by oi at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | airline | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月03日

トルコ航空エコノミーコンフォート

トルコ航空のエコノミーコンフォート (プレミアムエコノミー)が廃止になる、という 話は2年以上前からあった (Business Traveller: Turkish to remove premium economy seatingTurkish to remove premium economy seating)。

そういえばどうなったのだろう?と トルコ航空のページ を見てみるとビジネスとエコノミークラスしかない。 検索すると Losing Comfort Class: Turkish Airlines scraps premium economy なんていうブログもあった。

いつまで残ってるかわからないが Seatguru の777-300ERのページ をみるとエコノミーより35センチぐらいシートピッチが広い。 シート幅は4センチぐらいしか違わないが、ビジネスとエコノミーコンフォートを比べても 6センチぐらいしか違わない。一昔前のビジネスクラスの座席と言ってもいいぐらいの座席。 飛行機の料金は時期その他で大きく変動するので一概にはいえないが、 (日本発は高い運賃設定だったが) 中国やアメリカ発だと 最安値のエコノミーの倍ぐらいだが、ビジネスの半分から 1/3ぐらいだった。 (TKのwebなどには書かれていないが blogなどによると)。 当日空きがあればチェックイン時にいくらか払うことでアップグレードもできたらしい。

今年に入ってからのイスタンブールの状況を考えると空港での乗り継ぎだけでも TKには食指が伸びにくいが、ちょっとお金を出して楽をする、という選択肢が消えて しまったのは残念。

posted by oi at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | airline | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月15日

UA GPUがANAのフライトにも使用可能に

Upgrading on flights operated by ANA or Lufthansa

ユナイテッドのマイレージプラスで GPUを使ってANAのフライトをアップグレードすることが可能に。 ただし料金クラスが C, D, J, Y, B, Eという正規料金もしくは割引率の極めて低いエコノミーと ビジネスのチケットのみ (Eはプレミアムエコノミー)。 いってみれば *Aアップグレードアワードでマイルの代わりにGPUを使えるといったようなもの。

ANAとのジョイントベンチャーで NRT発アジア行きの路線を廃止したといわれているので もうちょっと使い勝手がよくなるとよいのだが。

posted by oi at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | airline | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ユナイテッドのマイレージプラスがステータス格上げをばらまいたらしい

FlyerTalk: UA doing some targetted MP up-status changes

マイレージプラスが一部のメンバーにステータスの「一階級特進」をしたらしい。

  • 一階級つまり Silverが Goldといった具合。 ただし2階級上がったという例もあるらしい。 GSになったという例はない。
  • wiki には書かれていないが、アメリカ国内のメンバーに限られているように 書かれていた。(スレッドが20ページぐらいだった時に読んだ内容から。もしかするとその後 例外もみつかっているかもしれない)
  • 1KになってもGPU, RPUはもらえない。
  • 「特進」はUAのフライトにのみ限られ、上がったステータスのカードはもらえないので *Aのラウンジを使ったりということはできない (例外もあり)。
など

上記スレッドを最初に見た時、すでに20ページぐらいになっていたので 古いスレッドが新しいコメントでリスト順位があがったのかと思ったが、 一晩でそれぐらいの書き込みがされたのだった。 基本的になんでそんなこと (バラマキ)すんだ、という意見多数。 例えば「何日以内に何回以上飛べ」というような条件をつけて それを満たしたメンバーだけステータスアップするとかすればいいのに、と。

基本的に同意見。 「ユナイテッドがオマケくれるならばこちらも少し余計に飛びましょう」と いう Win-Win的なプロモーションにすればいいのにと思う。 ちぐはぐというか戦略が確立してるのか疑問を感じないでもない。 (いずれにしても米国外だと多分対象外ではあるが)

posted by oi at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | airline | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月29日

ユナイテッドが成田 - シンガポール路線を廃止

United Airlines to Operate Longest Scheduled Flight Between San Francisco and Singapore

ユナイテッドが今年の6月からサンフランシスコ-シンガポール路線を開設するのに 伴って、成田 - シンガポール路線を廃止する。 2年前バンコク路線がなくなったのに続き、これで成田から東南アジアへの路線はすべてなくなる。 それどころか以遠権をつかった日本からアジア内へのフライトはソウルのみになってしまう。 かつて成田から台北、香港、北京、上海などへも飛んでいた頃から比べると 没落とでもいったらいいのか。 これで成田は単なる運行都市でハブではなくなってしまったと いっていいのだろう。まさに Japan Passingとでもいうべきか。

UAとANAがジョイントベンチャーとやらを組んでいて、BKK路線廃止の時同様 ANAのコードシェアを使ってくれ、というのがUAの言い分だが、マイルその他を使っての アップグレードは (Y, Bのフルフェアを除けば) 不可能になり、Economy Plusも ないので、例えばシンガポールへの7時間前後のフライトも極度に狭いシートピッチの 座席で過ごさねばならない。

FFPのアカウントとしては Mileage Plusを使い続けてもUAに乗る頻度はまた下がりそうだ。

posted by oi at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | airline | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月17日

PQM on United

ファーストやらビジネスに乗った場合の マイレージプラスのステータスにカウントされるマイル数 (PQM)のボーナスが増える (来年1月1日から)。 例えばディスカウントビジネスクラスだと150%だったのが200%という具合に。 スターアライアンスのフライトでも一部同様に増える、というが 大分限定的で、例えば ルフトハンザのPはボーナス無し。

MileagePlus Updates

posted by oi at 07:49| Comment(0) | TrackBack(0) | airline | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月17日

日本国内線のアワードのマイル数が変更

Star Alliance Award price reduction for award travel within Japan

ユナイテッドのマイレージプラスは アワードのマイル数が増え、さらに今年3月からは飛行マイル数ではなく チケットの値段でアワードマイル数が加算されるようになった。 まさにふんだり蹴ったりだったが、全日空で日本国内線を飛ぶ場合の マイル数が大幅に減った。800マイル以下ならば5000マイル、それ以上は 8000マイル。上記UAのページにもいくつか例が載ってるが、 限界に近い路線を探すと大阪-那覇だと 753マイル。 ストップオーバーではない乗り継ぎで800マイルを超えても 直行便のマイル数で800マイル以下ならば5000マイルで乗れる。

posted by oi at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | airline | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする