2008年05月25日

Hampton Inn & Suites Clearwater-Ulmerton Road

Hilton ファミリーの Hampton Inn & Suites Clearwater-Ulmerton Road に2007年9月宿泊。基本料金1泊 79USDに税込みで 88.48USD。 数ヶ月前にできたばかりで、1枚目の写真のとおり 敷地内や同ブロック内の近辺が工事中で 殺風景。ただし同じ通り (Ulmerton Road)に似たようなホテルやら レストランやらがあるので辺鄙な地域でもない。 同じエリアでも徒歩で歩き回りやすいホテル (例えば Hilton St. Petersburg Bayfront )もないでもないが、車を使わないわけには行かないのと 料金と部屋のレベルなどを考えここに決定。

hampton_inn_pie0.jpg hampton_inn_pie1.jpg hampton_inn_pie2.jpg

フロントの人もあまりまだ業務になれていないようで、Hilton HHonors の会員レベルを示し説明すると「なるほど」という感じで (一応) Suitesと呼ばれる部屋にアップグレード。ただし Suitesといっても 2部屋になっているわけではなく、若干広めでちゃんとしたソファーが ある、という部屋。

hampton_inn_pie3.jpg hampton_inn_pie4.jpg hampton_inn_pie5.jpg

この手のホテルによくあるように、コーヒーメイカー、冷蔵庫、 電子レンジが備え付け。8枚目の写真はベッドの中でちょっとした 物書きやらコンピューターを使ったりするときのための台。

hampton_inn_pie6.jpg hampton_inn_pie7.jpg hampton_inn_pie8.jpg

On the House® hot breakfastと称する無料の朝食つき。 コンチネンタル+日替わりのスクランブルエッグやらソーセージと いった内容。料金と部屋の施設や便利さ (前述のように車があれば、 だが)を考えると満足がいき、次回も利用したい。

hampton_inn_pie9.jpg hampton_inn_pie10.jpg hampton_inn_pie11.jpg hampton_inn_pie12.jpg

posted by oi at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | hotel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月27日

リーガロイヤルホテル小倉

rihga_kokura0.jpg rihga_kokura1.jpg

リーガロイヤルホテル小倉。 07年11月宿泊。インターネット特別宿泊料金で1泊8650円。 チェックインの時に「空いていたらダブル(大きなベッド)に してほしい」と聞いたが、「ツインでの予約だから」と言われ 融通が利かない、と思ったが、 ホームページでみると基本的にツィンの部屋しかない模様。 しかしベッドは大きく、部屋も広い。 特にここの前に泊まった 博多全日空ホテルが狭かったのでゆったりした印象。

rihga_kokura2.jpg rihga_kokura3.jpg

小倉駅からホテルまで歩道橋 (一部動く歩道)が続き、さらに 西日本総合展示場にまで伸びている。つまり展示場へ来る 客のためのホテル。しかしこのある意味「お得すぎる」料金を みると地方の産業はやはり期待通りには活況にはなってない、と いうことか。 窓からは小倉駅、そして小倉港も見え、夜景はなかなかの眺め。 ネットは24時間税込み1050円。

rihga_kokura4.jpg rihga_kokura5.jpg

ラベル:小倉 北九州
posted by oi at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | hotel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月27日

博多全日空ホテル

博多全日空ホテル ( ANA HOTEL FUKUOKA)。

当初シングルルームを予約 (1泊9240円)。 ダブルの部屋もあるので(当日空いてたら)そちらにできるか、と 問い合わせすると1泊12000円払えばダブルになる、という。 確定できるのはいいが若干高い。ネットは無料。

ベッドが大きくなったのはいいが、部屋は狭い。 シングルだとまるっきり(日本的な意味での)ビジネスホテル、と いった狭さのようだが。この狭さが Crowne Plazaになれてない 原因か?(単に順番が来てないからかもしれないが)。 単に狭いだけではなくて収納がない。収納になれそうな スペースがエアコンの室内機になっている。 Priority Clubのメリットはこれといってなかった印象 (チェックアウトを少し遅らせるのがスムースにできた事が そうだったのかも?)。

ana_hkt0.jpg ana_hkt1.jpg ana_hkt2.jpg ana_hkt3.jpg ana_hkt4.jpg ana_hkt5.jpg ana_hkt6.jpg

posted by oi at 15:31| Comment(0) | TrackBack(0) | hotel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月10日

ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル

みなとみらいにそびえる半月型の建物、 ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル に宿泊 ( InterContinental Hotels Groupのページ)。 「レイトチェックイン・スペシャルプライス/スーペリア ダブル・ベイビュー」という料金プランで、1800以降の チェックインという条件で割安になっている。

正直いってあまり満足のいくホテルではなかった。 みなとみらいという立地条件で客が来るため、ホテルそのものの 質よりも高い値段が付いてしまっている印象。

まず部屋が狭い。ただこれは日本のホテルだとある程度しょうが ないにしても、家具や内装が安っぽい。特に窓際の椅子や ベッドの敷物掛け物の類。例えていうならばマレーシアで 一流ホテルが300RMぐらいの相場の街で200RM代のホテルの ような感じ。バスルームは壁の一面が鏡になっているタイプでは なく、単なる洗面台。 さらに湯沸しポットをつなごうとコンセントを探すと やたらホコリがたまっている (デジカメだとテレビの溝のホコリばかり目立つが、コンセントの 周りにも積もっている)。

チェックインの時のカウンターの対応もなにやらぞんざいな印象。 「安いプランで泊まりやがって」というのはこっちのかんぐり 過ぎかとは思うが。Priority Clubは「平会員」でもそこそこ 厚遇してくれる、たとえばビン入りの水とか、レストランでの 割引クーポンとか朝食券とかエクゼクティブフロアへの アップグレードなんてのもあった。もちろん、平会員がいつでも おまけをもらえると期待するのはあやまりだが、インター コンチネンタル系の中でみれば相対的に「あまりいい扱い してくれない」という位置にある、という印象。 ただしチェックイン以外の時はそれなりに (日本的な) 丁寧な対応ではあった。

ワイヤレスでネットが使えるのはいいが、電波の強度は十分なのに 接続が頻繁に途切れる。例えばあるページを開いた直後に そのページ内のリンクをクリックするともう接続が切れ、 接続しなおし、といったような具合。ただしこのことをフロントに 告げるとすぐに最後の写真の外部接続ワイヤレスモデムのような ものを持ってきてくれた (デポジット、確か10000円、が課金される)。

みなとみらい地区は用事でこれからも訪れることが考えられる。 部屋からの眺めはいいのだが、Priority Clubのポイント以外の 特典があまり期待できず、みなとみらいそのものへの観光客に より料金が高めになっていることを考えると例えば モントレー横浜あたりでよいような気がしてくる。 一番いいのはヒルトンができる、とか 元ホリデイイン横浜の ローズホテル横浜がホリデイイングループに復帰する、 なんて事なのだが...

ic_yokohama0.jpg ic_yokohama1.jpg ic_yokohama2.jpg ic_yokohama3.jpg ic_yokohama4.jpg

posted by oi at 00:14| Comment(0) | TrackBack(1) | hotel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月19日

Holiday Inn MELAKA

InterContinental Hotels Groupのホームページ (上記日本語ページはちょっと「?」な表記もあるような 気がするので普段は こちらを見ている)をみてたら マラッカ (Melaka)にホリデイインができるのがわかった。

地図がどうしようもなく大ざっぱなのであまり参考に ならないが、住所から Mahkota Paradeの方らしい。 年末はマラッカに行こうと思っていた。 過去に Accordian, Renaissance (Marriott系), Bayviewに泊まったことがあるが、 今回はここに泊まってみよう、という気になっている。

posted by oi at 11:02| Comment(0) | TrackBack(0) | hotel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月29日

東京グリーンホテル御茶ノ水

tgh0.jpg tgh1.jpg

東京グリーンホテルというチェーンの 御茶ノ水にあるホテル。 昨年2月宿泊。いわゆる日本の「ビジネスホテル」ゆえに 広さは期待できず実際そのとおりだったが、ベッドはそこそこ 大きかった。 united.com経由で予約。 ダブルのシングルユースというやつで$87.06。 ちなみに実際の予約は別業者経由で、予約はそこの名前 (失念)で されるため、チェックインで手間取る。多分名前もローマ字だった のであろう。 逆切れか、少し慇懃無礼な感じ。本当の「外人」だったら どう対処するのだろうか?

tgh2.jpg tgh3.jpg tgh4.jpg

ネット無料はありがたい。Ethernetの配線工事の設備投資を節約 するためか、ケーブルテレビの回線を用いているようで、 モデムおよび付属品一式が貸し出される (3枚目)。 朝食 (4枚目)は部屋につけられず、食券を買う方式。 ちょっと面倒くさい。 中級以下の日本のホテルで「つけ」にすると問題が起こるのかな? とも思うが、ただ単に「昔からそうしてるから」という理由かも しれない。時期と場所から「お受験」で「ママ」と宿泊してる 少年少女がいるが、受験ぐらい一人で来いよ、などと思いつつ 食事。 「よくもまぁ狭く密集したところに建てたものだ」という外見 (5枚目)。

posted by oi at 10:13| Comment(0) | TrackBack(0) | hotel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月05日

IHG・ANAホテルズ、「ANAクラウンプラザホテル」の営業開始日を決定

全日空系の ANAホテルが 「2009年までに13のANAホテルを共同ブランド化してまいります」 (pdf)ということでインターコンチネンタル系になった 訳だがそのうち千歳、富山、金沢、広島、沖縄、成田が 11月12日から12月17日まで6週連続で クラウンプラザ化されることに。

クラウンプラザは インターコンチネンタル系のトップブランドなので、それに 見合った内容になるのかな?とちょっと期待するものの 例えば客室の大きさは変えようがないわけで、 自分が宿泊した 広島で考えると、日本のホテルの基準でいえば悪くない のだろうが、クラウンプラザとしたらどうかな、と 疑問もあり。

Travelvisionの記事
IHG・ANAホテルズ、「ANAクラウンプラザホテル」の営業開始日を決定

IHG ANAホテルズのプレスリリース (pdf)
IHG・ANA・ホテルズグループジャパン、「ANA クラウンプラザホテル」の営業開始日を発表

ちなみに InterContinental Hotels Groupの Mediaページでは記事がみつからず。

posted by oi at 16:09| Comment(0) | TrackBack(0) | hotel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月22日

ホテルニューグランド

横浜山下町の Hotel New Grand。 スタイルシートをいじくったら ぐちゃぐちゃになってしまった Livedoorからこちらに移動。 泊まったのは昨年4月。 写真に対する記述はその時のもの。

new_grand.jpg

ツインはいやじゃぁ、ベッドが小さくて...
new_grand_fr0.jpg
いわゆるWelcome Fruitsみたいなやつ。 部屋に入ろうとしたら中から人が出てきて、 あせったのだが、このフルーツを置きに来た ということだった
new_grand_fr1.jpg
その日のうちには食わず、2日後と3日後に 分けて食べた。けっこう新鮮でオレンジは ボタボタとジュースがたれた。
posted by oi at 01:36| Comment(0) | TrackBack(0) | hotel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月08日

ヒルトン東京ベイ

ヒルトン東京ベイに宿泊。 1泊18000円だが1泊あたり3000円のホテル内で使えるクーポン券を くれるため実質15000円。 最近何度か泊まっている ヒルトン東京より 若干料金が低めなのと用事のある場所に近かったため選択。 懸念は立地から東京ディズニーにくる修学旅行の団体客も 泊まっているという話を耳にするため、廊下を子供がうろちょろ したりしているのではないか、という事。 実際に泊まって、さすがに修学旅行生に直接悩まされることは 無かったが、ディズニー客以外にはきわめて不適なホテル、と 確認。

まずホテルのスタッフはHilton HHonorsの会員レベルを認識して (後述の Forest Gardenを除いて)ていねいかつ親切。 しかし、非ディズニー客の滞在を快適にするには (人的、そして施設的)資源が不足している。 もっとも典型的な例は エグゼクティブラウンジが朝食時のみしか開いていないこと。 朝食のメニューもごく限られたものしかない。 1階の Forest Gardenでも食べられるが、ここのスタッフは ディズニーに来て浮かれている、あまりホテルを頻繁に利用しない タイプの客を効率的にサバく事しか頭に無いように思える。 ディズニー客は開園に合わせて早く朝食をとるので Forest Gardenにはゆっくり行った。静かに新聞でも読みながら 朝食を、と思い窓に近い席に座ろうとすると (フロア中央部だと背後をうろちょろする客が多いこともあり) すでに窓際のセクションは閉めた、という。しかし実際はまだ 10名以上の客が窓際のセクションで食事をしていた。 完全に閉めた後であれば新しい客が入った場合の手間は 大きいだろうが、まだ客が残っている状態であればそれほどでは ないのではなかろうか?それでも全く手間がかからない、とは いえないが、ディズニー客とそれ以外の目的の客が快適に 「棲み分けできるためのコスト」としてみたら、それほどの 負担ではない、と思う。翌朝はメニューが限られてしまうが エグゼクティブラウンジで食べた。

夜は1階のラウンジで飲み物のサービスを受けられるが、 他のヒルトンであるような軽食のサービスはなし。 またラウンジではネットを使えないため、例えば外出から戻り 飲み物をとりながらメイルなどをチェックする、というような ラウンジの使い方はできない。 ロビーは当然ディズニー客が多いためリラックスできる雰囲気では ない。非ディズニー客の「居場所」としてエグゼクティブラウンジを 朝食時以外にもあけるのが一番よい解ではなかろうか?

以下雑感

  • 1泊目はツィンしか空いてなかったが2泊目からはキングベッドの 部屋に移れた。
  • Catch up on work at the desk などと書かれているが 部屋にはワーキングデスクのようなものでは無く椅子は机に 向かうためのものではなかった。しかし、リクエストすると 高さ調整可能な椅子をリクエストすると持ってきてくれた。 また上記の部屋変更時にも新しい部屋に移動させてくれた。
  • HHonors GoldVIP以上はネット無料。 ただしチェックイン時にIDとパスワードをもらう方式。 IDは部屋に対して割り当てられているので上記の部屋変更後は (こちらはそれとは知らなかったため)新しいIDをもらわねば ならなかった。しかもその新しいIDが夜中に使えなくなり また新たに発行してもらわねばならない、という不具合あり。
  • 他のホテルと共同運航でいいから (ディズニーリゾートラインの 駅じゃなく) 舞浜からシャトルを出してほしい....
  • ウェルカムフルーツがあったが結局食えず。

ツインベッドルームとバスルーム

htb_tb1.jpg htb_tb2.jpg htb_bt.jpg

キングベッドルーム

htb_kb1.jpg htb_kb2.jpg htb_kb3.jpg

ウェルカムフルーツ

htb_fr.jpg

エグゼクティブラウンジ

htb_el1.jpg htb_el2.jpg htb_el3.jpg htb_el4.jpg htb_el5.jpg

Forest Gardenの朝食

htb_fg1.jpg htb_fg2.jpg
posted by oi at 22:31| Comment(0) | TrackBack(1) | hotel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月04日

Hilton to open Luton Garden Inn

hgi_tpa.jpg hgi_bf.jpg

ヒルトンがUK初のガーデンインブランドホテルを Luton空港近くの Butterfield Business Parkに建設中らしい。 Hilton Garden Innは十分な広さ、King size bedやソファと オットマン、机など上の写真のような シンプルだけどビジネス用*の快適な滞在空間を 提供してくれるヒルトンの "mid-priced brand "。 日本ではヒルトンは圧倒的に数が少ない。大きいのはいらないから Garden Innブランドを横浜、仙台、札幌、広島、福岡あたりに 展開してほしい。
(*日本の情けなくなるような「ビジネスホテル」とは 正反対のコンセプト)

Business Travellerの記事
Hilton to open Luton Garden Inn

Hiltonの News Release
Hilton Garden Inn® To Launch Focused Service Brand in the UK With the Hilton Garden Inn Luton North to Open in 2008

posted by oi at 14:43| Comment(0) | TrackBack(0) | hotel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月20日

広島全日空ホテル

ana_hotel_hiroshima0.jpg ana_hotel_hiroshima1.jpg ana_hotel_hiroshima2.jpg

3月 広島全日空ホテルに宿泊。 ユナイテッド航空のホームページから ホテルプラス経由で予約。1泊8800円。 VISIT JAPAN CAMPAIGNという特別料金で他の割引料金よりも 2割程度安かったような記憶。

インターコンチネンタルホテルグループとの提携、というか 売却はもう大分前に発表になっていたが、 Priority Clubのポイント加算は4月からとのこと。 遅い。予約後この件と部屋の好みをメイルするが返事なし。 チェックイン時に「メイルしたんですが」というと「読んだ」という じゃぁなんで返事しないのかな?

部屋は日本的ホテルの典型。小さいがよくまとまっている、とも いえるし、(ウォシュレットだのなんだの色々と)くっついてはいるが 狭い、ともいえる。ヤニ臭くない部屋を選びたかったが、日本式 ホテルでそれを望むと (部屋数が少ないため) 宿泊すらできなくなるので我慢。 路面電車の停留所は近くにあるが地下鉄やバスセンターからは ちょっと歩く。 時期的に(そして地方の一応高級ホテルということで)卒業式後の 謝恩会の客がロビーにたくさんいた。 そういえば最初滞在予定期間のうち予約が入れられない日があった。 某ディナーショーと重なっていたらしい。

ラベル:ANA 広島 Priority Club
posted by oi at 02:24| Comment(0) | TrackBack(0) | hotel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月28日

ホテルモントレー横浜

ホテルモントレー横浜 2ねんぶりに宿泊。 ある催し物の指定ホテルになっていたので、特別料金で 1泊12705円。キングサイズベッドの方がよいので リクエストするも結局ツインに。

2年前には1回 (1滞在)1000円だったネット接続が無料に。 ちなみにそのときは Novotel傘下。 駅からは遠いが山下公園が目の前でツインなれどまあまあの ベッドの大きさ。この料金は悪くない。海が見えないサイドの 部屋だと3500円ほど安くなるがそれではちょっとこのホテルの 「売り」が無意味になってしまいそう。 そういえば窓から見える風力発電は2年前にはあったっけか?

アメニティは色々置いてあって女性がシャワーを浴びるため だと思うが大きなヘアピンなどもあった。 しかしスキンローションの類がなかった。 もう春だからいらないかと思いクリームの類を もってこなかったら雨も降って寒かったため必要に。 もう一つ問題をあげるならばタオル、特にバスタオルが小さく 貧弱。そうそう、ロビーが(部屋と比べても)ちょっと貧弱。 もう少し投資してもよいのではないか?

Monterey_Yokohama0.jpg Monterey_Yokohama1.jpg Monterey_Yokohama2.jpg

ラベル:横浜 山下公園
posted by oi at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | hotel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月10日

Conrad Centennial Singapore (1)

シンガポールのHilton系ホテル 物価の高い Singaporeでさらにそこそこいいクラスのホテル。 Conrad Centennial Singapore。 Hilton HHonorsのアワードでもHHonors Hotel Reward Category: Category 5 (35,000 points)と Hilton HHonors Reward Category: 3 (25,000 points per night)の Hilton Singapore より上のようだし、料金も若干高い。 しかしこの時は閑散期だったようで、部屋タイプを指定 しなければ 200SGDという料金がでていた。 さらにAwardの方では Point Stretcherで21000ポイントで泊まれる 部屋があった。

conrad_sin0.jpg conrad_sin1.jpg

泊まったことのある人の話では、観光客がよくいく Orchard Rd からちょっと離れた場所にある、という。ホテルの webを みると Convention Centreが近くにあるとかなんとか。 少し勘違いして Changi Airportから MRTで1駅の Expoあたり なのか?と思ってしまったが、City Hall駅から徒歩でいける (ただしそこそこ時間がかかる)。

conrad_sin2.jpg conrad_sin3.jpg

部屋も値段なりのことはある。窓からはちょっと遠いが マーライオンも見える (4枚目)。 シャワーブースが別にあるバスルーム。 なぜか DASH村の村長がこんなところに。

conrad_sin4.jpg

posted by oi at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | hotel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月29日

HOTEL CONTINENTAL TERME, Ischia (3) Banquet and Lunch

催し物の「前夜祭」という感じで Banquetがあった。 よくあるパターンだと立食形式で食べ物は貧弱、お腹の埋まり具合が 中途半端で後でなんか食べたくなったりするが、ここは量も種類も 満足いくものだった。8ミリ角ぐらいの角材のように切られたハムが うまかった。

ContTermeBanq2.jpg ContTermeBanq.jpg

Banqueの翌日からは Lunchが出た。正確に言うと朝食と同じように ホテルのレストランで食べられる食券が配られた。 下の3枚目の写真の縦に並べられたテーブルに野菜や魚介類がおかれ、 その先に横に並べられたテーブルで肉やパスタが取れるようになっている。 1枚目の写真に写っている白くて丸いものはモッツァレッラチーズだが 見た目は「黄身の入ってないポーチドエッグ」という感じ。

ContTermeLunch.jpg ContTermeLunch2.jpg ContTermeLunch3.jpg

同じ材料でも何種類か違った調理をしたものが置かれている。 できるだけ多くの料理を食べようと思ったが、はじからとっていくと あっという間に皿が埋まってしまう。 全部で50種類ぐらい出ていたのだろうか? そのうち半分も食べてないように思う。 もちろん好みの問題もあるのだが。当然「食い放題」なので、調子に 乗ってお腹一杯で苦しい、とならないようにも気をつけねばならなかった。 (どうも炭水化物ジャンキーの気がある私は)できたてのパスタをこれでもか と食べたかったが、自重せざるを得なかった。

ContTermeLunch4.jpg ContTermeLunch5.jpg

前述した 「朝食は本当に軽くていいのだ、というよりそうでなくてはまずい、 ということを後になって思い知る」ってのはこの時の事。

posted by oi at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | hotel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月23日

HOTEL CONTINENTAL TERME, Ischia (2) Breakfast

ContTermeBF0.jpg ContTermeBF1.jpg ContTermeBF2.jpg

朝食つきのいわゆる Bed & Breakfast Planがこのホテルの基本。 写真のフランスパン、クロワッサンの他にも食パン風など種類は 豊富。席に着くときにコーヒーか紅茶か聞かれ、1枚目の写真にある ポットを持ってきてくれる。そのままブラックで飲むには合わないような 気がして(普段はしない)ミルク入りにして飲む。

サラミやハムなど肉類が2種。そしてチーズが豊富で特に1枚目と3枚目に 写っている自家製のレアチーズ(ヤギか何か?)は濃厚の反対、あっさりと して塩分も感じられない。でも脂肪は多いのだろうなと思いつつ、 たくさん食べてしまった。

「アメリカのホテルのコンチネンタルブレックファースト」だと ダニッシュやマフィンなど、甘いパンが出るが、その拡大解釈、といったら 不正確だろうが、クッキーやビスケットがパンと並んで何種類も 置いてあった。眠った体をとりあえず目覚めさせるためのカロリー摂取には よいのだろうが、なんかいきなりティータイムみたいでなじめず、 手をつけることはなかった。

そんな訳で品数は多いが卵がない。いわゆるアメリカンブレックファースト みたいにあれやこれやなくてもいいけど、ドイツ風にゆで卵ぐらいあっても いいんじゃない、と若干不満。が、しかし、朝食は本当に軽くていいのだ、 というよりそうでなくてはまずい、ということを後になって思い知る。 ちなみに1,2枚目は2日目の、3枚目は翌日の朝食。

posted by oi at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | hotel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月11日

HOTEL CONTINENTAL TERME, Ischia (1)

イタリアはイスキア島の Hotel Continental Terme。 催し物の団体料金で 1泊 Euro90。 チェックインした時に割り当てられた部屋は プールサイド、というよりもうプールのまん前。プールまで5メーターも ないのではないか?という距離でノイズの問題と明かりとりのため 窓を開けるとモロに外から見えるような部屋。 これはひどい、変えてくれ、といってここの部屋になった。

ContTerme0.jpg ContTerme1.jpg

1泊 Euro90というのは Single Roomのそれだが、もしかするとこれは 本当は Doubleの Single Useってことで Euro110なのかも。 ちなみに予約の際に部屋の大きさなどを問い合わせたとき "French Bed"と書かれた部屋があった。何のことだ?と聞くと 若干大きめなベッドだ、という。日本のフランスベッドを思い出した。 この部屋はプールサイドとは打って変わって階段、廊下、また階段と 火災の際の非難を考えたくないような部屋だが、実は庭に面している (といっても壁がありそのすぐ外は公道)ためそちらに避難したほうが はやいような位置。なので若干地下室っぽい趣がないでもない。 ちなみに上の写真は左がフラッシュ使用で右が自然光。右の方が 実際の見た印象に近い。

ContTerme2.jpg

部屋を変えてくれるよう交渉したときの印象から、従業員はあまり英語は 堪能ではない、とわかる。部屋の内装などはあまり大したことない (ちなみに窓のシャッターは電動式)。13000円ぐらい出してこれか?と チェックイン時は「イマイチ」の印象を持った。

posted by oi at 04:42| Comment(0) | TrackBack(0) | hotel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月05日

New HHonors Hotel Reward Categories

甘かった。
全世界的にどどーーん、とReward Ponintの基準を上げてやがった。

img_11324.jpg

New HHonors Hotel Reward Categories Effective June 1, 2006

この表とCategoryが変わらないホテルとを加重平均とって HHonors会員の平均的損失はどれぐらいか計算とってみたいものだ...

ラベル:ヒルトン HHonors
posted by oi at 02:49| Comment(0) | TrackBack(1) | hotel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月02日

Hilton HHonors Reward Point Inflation !

090.jpg

いやびっくり、 成田だけじゃなかった。 KL, Petaling Jaya そして Kuching全てCategory : 3 (25,000 points per night) になっている。 2.5倍の暴騰だ。 かろうじて Batang Ai Longhouse Resort が Category 1のままだけど、ここは有料でも100RM以下なんて料金がでてくる ところ。 この暴騰のせいでマレーシアのヒルトンは軒並み Hilton Singaporeと Reward Category的には 一緒になってしまった。有料の宿泊では倍ぐらい違うのに。

もちろんHilton側が必要ポイント数を決める権利があるけれども、 いきなりこの 2.5倍ってのはひどすぎない??

ラベル:ヒルトン HHonors
posted by oi at 15:17| Comment(0) | TrackBack(0) | hotel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

成田ヒルトン (3) 緊急事態発生

nrt_hilton3.jpg

てーへんだてーへんだ、 Hilton Tokyo Narita Airport を見ると

Hilton HHonors Reward Category : 2
(20,000 points per night)  
いつの間にかカテゴリーが1ランクアップしてポイントが2倍必要に なってやがる。うぅ〜む。 Hilton HHonorsからPriorityClubに軸足移しちゃうぞ!?
posted by oi at 04:04| Comment(0) | TrackBack(0) | hotel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月15日

成田ヒルトン (2)

nrt_hilton2.jpg

朝食券とヘルスクラブ無料券。 今回は特典を利用しまくった。 というか、甘い汁をチュウチュウ吸ったので、 ホテル側にとってはイヤな客といわれてもしょうがない。

できたるだけこちらを利用したいが料金設定が高いし Holiday Innの部屋の方が広いかもしれない。 成田空港用のエアポートホテルに徹して欲しいのだが、 どうも田舎の社交場的色彩が濃い。

一番の問題は Internetが1日1680円(税込み)とくそ高いこと。 Holiday Inn TOBU NARITA は無料。 もう1つはチェックイン時にクレジットカードの情報を取らないので USのHiltonならば利用できる Express Check Out (Zip out Check Out) ができない、などちょっと日本的な運営。 現在改装中で一部はもう終了してるのに、結局 Executive Floorが ない、というのもまったく残念。

posted by oi at 09:14| Comment(0) | TrackBack(1) | hotel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする