2008年04月12日

パスポート増補

passport0.jpg passport1.jpg

現在のパスポートは生体情報がはいってないどころか、machine readableですらない (thanks to bureaucracy of the MOFA)。

だから期限前にビザのページがなくなっても、増補はせずに新しい パスポートにしようかと思っていた。しかし、残り期限1年未満だと (切り替えという扱いになって)戸籍抄本だか謄本だかはいらないが、 残り1年以上で申請するとまるっきり「新規」と同じ扱いに されかねない。「問題がおきなければ」こちらもそれほど日数は かからないはずだが、リスクにはなりうる。

紙を貼っつけるだけで2500円は高いが、残り期限と 10年有効のパスポートの申請料を比べると (上記の機能的な 短所を無視すれば) 少なくとも損はしない事がわかり「増補」を することに。

posted by oi at 02:13| Comment(0) | TrackBack(0) | MISC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック