2007年09月09日

5万4千円でアジア大横断

shimokawa.jpg
下川裕治著 「5万4千円でアジア大横断」

この人の 12万円で世界を歩くが週刊朝日に連載されてるのを読み 大分影響を受けた。当時はアメリカに行ったことしかなかったので バスを乗り継ぎ安宿に泊まるアジアの旅は道の世界だった。

昨今若干値上がりしているものの、飛行機代は相対的に安くなり 無理に「貧乏旅行」に徹する必要はなく、物書きとしての ネタづくり、という意地悪な見方もできるが、出発すると 体にしみついたスタイルを発揮し、「胎児のような姿勢」で 狭いバスの座席で眠ってしまう。 ちなみに本書にもでてくるが、東アジアのバスは大分快適になり 台湾やマレーシアで私も体験。

インドの「平等のバス」のように「金持ちは市内バスの走り方を する長距離バスに乗ったりしないだろ」と突っ込みをいれたくなる 点もあれど、久しぶりの下川旅行記をそれなりに楽しんだ。 星をつけるとしたら3.5/5ってところか。

【関連する記事】
posted by oi at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック