2019年10月12日

マイレージプラスのステータス条件に大きな変化が

2021移行のステータス獲得条件が、マイル数 (アメリカに住所がある場合 +PQD)から いくらカネを払ったか (PQP) に変わることに。 PQDと違ってUA以外のフライトで発券がUAでなくても PQFは稼げる。 またフライト数 (PQF)により PQPの条件が20%から25%さがるが 焼け石に水。 たとえば Goldは今まで 5万マイル乗ればよかったが、 2021のGoldのためには 1万ドルもしくは24フライトと8000ドルが必要に。

特にアメリカ国外在住者の場合、今まではPQDが免除されていたし 長距離の国際線に乗って一気にマイルを稼ぐ、という手法が 全く無効に。いわゆるエリート (上級ステータス)会員が多すぎて その対応のためのコストを削減しようということだろうけど、 UAに乗ること自体がだいぶ減ることになりそう。

New Premier status qualification requirements for 2020

ラベル:United Mileage Plus UA
posted by oi at 00:45| Comment(0) | airline | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。