2006年08月28日

Spanair (4) VIP Lounge at MAD

Madridにて乗り換え。往路では時間がなく使えなかった Spanairの ラウンジにて乗り継ぎ便を待つ。Madridから先のフライトは code share ではないのに4桁のフライト番号。なぜだろう?と思ったが謎が解けた。 チャーターフライトだそうだ。そういえば夏期のみでしかも週1便しか 飛んでいない (Spanairのせいで遅れたらともかく、自分の責任で 遅れたら別の航空会社のチケットを買うしかなくなる)。

なぜそれがわかったかというとこのラウンジに入ろうとしたとき 「チャーター便の利用だから本当はだめだが、今日だけ特別」と いって入れてくれたのだった。でもなんか変な話で たとえ他社であっても Star Allianceならばラウンジは使えるのだからJKによるJKのフライトで、 しかもパッケージツアーかなんかで買ったチケットではないのだ。 実は他にも多分このチャーターである事に起因すると思われる問題が 起きているが、それだったらチケット購入時点で「これはチャーターゆえ Star Allianceによる特典のうち以下の項目は適用されません」とか 表示してもらいたいものだ。

jk_mad_loung0.jpg jk_mad_loung1.jpg jk_mad_loung2.jpg

SpanairはMADに2つラウンジがあり、いずれもTerminal Cにあるのだが 最寄のゲート番号の若い方を使った。ここは以前BDのフライトで 提携ラウンジとして使ったことがあった。そのときはいわゆる tapasのような食べ物があったように思うのだが、今回は見当たらず (別の空港と勘違いしているかもしれないが)。 結果、オリーブを30個ぐらい食べることに。 しかしオリーブはうまい。もうちょっと小ぶりの物が本当は好きなのだが。 種に近い部分が特になんか味があるような気がする。 混雑度は低く、4人掛けのソファセットをずっと占領していた。 共用のネットにつながったPCがある。

jk_sandwich.jpg

しかしオリーブを食いまくったといっても限度があり、 空腹に負け写真のサンドイッチを機内で食う羽目に。 前述のように ヨーロッパ内の国際線ゆえこの何の変哲もないハム&チーズサンドイッチが なんと EUR5もする。オレンジジュースはEUR1。 もしかするとフライトを遅らせて、客が本当は食いたくないけど、 しかたなく機内販売の飯に手を出すようにしむける策略なのでは なかろうか?などと邪推もしたくなる。

posted by oi at 08:38| Comment(5) | TrackBack(0) | airline | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そういう事ってあるんだねぇ・・・
だから・・・海外行くの躊躇しちゃうんだよなぁ><
あたし言葉しゃべれないし・・
そういう時に対応出来ないのら・・
不安になっちゃいます(ーー;)
Posted by にゃんこ☆ at 2006年08月29日 23:27
訳のわからんところで、悪あがきして
なんとか解決する(できない時もあるけど)
なんてのがおもしろい、といえないこと
もない...????

ってとこですかね??
Posted by oi at 2006年08月29日 23:36
それは・・・多分oiたんが
場数を踏んでいると言うことでそw
あたしは気が小さいので・・・
飛行機に乗れなかったら・・どうしよう?
とか・・・
迷子になって帰れなくなったらどうしよう?
とか・・・
小さな胸が不安で…o(;-_-;)oドキドキ♪しちゃいます><
Posted by にゃんこ☆ at 2006年08月29日 23:53
>小さな胸

とりあえずパットでも入れるかぁ
(違う)

Posted by oi at 2006年08月30日 01:20
そうです!!!
小さな胸にはパットです!!!

ってか・・意味が違うし><
Posted by にゃんこ☆ at 2006年08月31日 09:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック