2011年01月20日

やっぱりJALには乗りたくない

JALには乗りたくない なんて以前書いたが、
  1. 稲森会長いわく「安全対策とコストカットは相反すると信じ込んでいる幹部がいる」
  2. 国内と国外のパックツアーでコンピューター端末やら電話やらがすべて別になってる
なんてのを知るとますます「だめだこりゃ」と思う。

1番は「お題目」を唱えてればコスト意識なしでやっていける、ということだし、 2番はまさに縦割り構造。 いずれもものすごくお役所体質。 クビを切られた方々には同情するものの、訴える相手は 甘い汁をすった(元、現)従業員やら、空港建設にかかわった地方の業者やら、 役人やら、ではなかろうか?

posted by oi at 01:09| Comment(0) | TrackBack(0) | airline | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック