2009年03月20日

ワットアルン 「行きはよいよい帰りは怖い」

wat_arun0.jpg wat_arun1.jpg wat_arun2.jpg

三島由紀夫の小説 にも出てくる「暁の寺」ことバンコクのワットアルンは 塔を登る事ができる。ところが登りの時はただきついだけだが 降りは勾配の急さに気がつき、手すりにしがみついたり、 四つんばいになって降りたりする人もいる。 ちょっとやせがまんして階段を下りながら片手で撮影してみた。

posted by oi at 12:37| Comment(0) | TrackBack(0) | MISC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック